【ダークソウル3 初見】#11

■生贄の道

結晶の古王の先は、さらに先に森が広がっていた。
進んでいくと深みの聖堂へ。

■深みの聖堂

墓地が広がる。
大勢のゾンビのような敵。
一体ずつ倒すのを試みるが、よく見ると墓地から這い出てきている。
これは無限だと思い、全てをスルーで進むことに。
聖堂の周辺を探索する。
ブラッドロスのゲージが溜まり血を吹き出してしまう。
敵の攻撃と重なるとかなり厄介だ。
聖堂の正面扉?が開かないので、周辺を探索するが、今どこにいるのかさっぱり分からない。
ショートカットのようなハシゴも下ろすが、何がどうショートカットなのかわからない。
青白い獣が再登場した。このあたりを上から落下してくるとショートカットになるのだろうか?
しかしここはどこだろう?

スポンサーリンク

とりあえずは何も考えずに、先へ進む道があるので、まずはそちらへ進んでみることに。

屋根の上を渡る。
アノールロンドを思い出す。
突然空から降ってくる盗賊のような敵は本当に厄介だ。
よく見ると壁に張り付いている。何度もやられそうになる。

おかしい。篝火がない。
清拭の小協会からはかなり進んだはずだ。
おかしいと思いながらも大きな扉を開ける。

聖堂の中へ

聖堂の中には巨大な敵?が。鎖でつながれているのか動かないがターゲットはできる。
まさかこいつと戦う?それとも飾りのような敵だろうか。
かなりのソウルが貯まっているのでいったん戻りたいと思いながらも探索を続けると、あった。
清拭の小協会の篝火へ戻るショートカットだ。ありがたい。

レベルを39へ。生命力23、筋力32。
エストを9個に。

巨人を倒すことに成功した。
シチュエーションといい攻撃方法といい、竜の神を思い出した。
初戦は左右の腕を薙ぐ攻撃を避けられず、どうしようかと考えていたが
奥まった場所に隠れていると手を伸ばしてくるので、それを避けて攻撃するだけでカンタンに倒すことができた。

レバーを引くと、下から壁がせり上がった。
よくわからない。もしかして上に通路ができたのだろうか?
上に戻ってみるが、進めそうな道がない。
他の道からの通路がある?それともそういう意味ではない?
沼地と水地を隔てる壁という意味なのだろうか。水門?

巨人がもう一体いる。
今度は地上での戦いで、しかも地面は沼地だ。
これは勝てないと避けて進む。

椅子に座っている信者を攻撃する。
先に倒そうと思ったのだが、信者ではなくメイスを持った騎士だった。
剣の騎士との2体1は勝てない。
二度目の挑戦で座っている敵にちょっかいを出さなければ立ち上がらないことがわかった。
1対1なら負けることはない。

聖堂の最奥へと進む。
聖職者が座るのか、巨大な椅子の奥は霧で包まれていたため、ボスだと思い一旦あとまわしに。
まずは今来た場所の反対側の通路へ向かう。
巨大な扉があり、開けると聖堂周辺の墓地へと続いていた。
この扉は聖堂の正面入り口だとばかり思っていたが、これでショートカットが開通した。
カタリナのおっさんがいる。
通路の先にお宝があるとかなんとか。
やはり先程上げた壁の上が通路になり、反対側に行けるようになっている。
難儀するほどのことでもないと思うが・・・。
そういえば不死街のエレベーターで上に行くのはどうなったんだろう?と考えながら橋を渡る。

まさかのあのキャラ

渡る途中にムービーが。
まさかこんなところでボスかと身構えるが、
後ろにいたカタリナが仮面をぬぐ。
パッチ!お前パッチだろ!絶対パッチだ!
大笑いしながら懐かしい気分に浸る。
巨人と戯れろと言われても、わたしはそこを通ってきたんだが・・・。
もしかして別に通路があるのかと少し探索してみると、
気づいていないショートカットを見つけた。これで清拭の小協会から繋がった。

レベルを40へ。筋力33。

戻ってみるがパッチはいない。
橋も降りてしまい、上げるためのレバーが見つからない。
仕方がない。霧の先に進むか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク