【PS4】ValueSelection(バリューセレクション)でオススメゲームは?どれを買うといい?

プレイステーション4の名作ゲームソフトを低価格で購入できる「ValueSelection(バリューセレクション)」。

今回は、発売予定のValueSelectionの中から、特に厳選してオススメのゲームをご紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■ デトロイトビカムヒューマン Value Selection

近未来を舞台にしたSFドラマ。
アンドロイドたちが社会に進出し、それによって仕事を奪われた人たちが声を上げ、対立し始めた近未来です。

プレイヤーは何人かのアンドロイドとなり、人間社会でどう振る舞うかを選択しながら物語を進めていきます。

アンドロイドを操作するため、近未来ガジェット的な表現方法が多数登場します。スマホやSF映画が好きな人にもオススメ。

例えば置かれていたモノから、所有者や過去の状況などをフラッシュバックさせる機能があったりと、かなり近未来的な、今までにないゲーム体験ができます。

また瞬発力が必要なアクションシーンは少なく、どちらかと言うと、会話や状況から選択肢を選んでいくゲームです。選択の結果どうなろうと、そのままストーリーは進んでいきます。正解も不正解もありません。

2018年発売のPS4ゲームの中で、ダントツに評判のいいゲームです。ValueSelectionの中で最もオススメなのがこちらのソフトになります。

デトロイトビカムヒューマン通常版、ValueSelection、DLCの違いは?どれを買うのがオススメ?
アンドロイドとSF世界観が大人気となった「デトロイトビカムヒューマン(Detroit: Become Human)」 デトロイトビカム...

■ ゴッド・オブ・ウォー Value Selection

最強の戦士と神々との戦いを描いたアクションゲーム、ゴッド・オブ・ウォーの最新作です。

本作からは北欧神話が舞台となっており、北欧神話の冬の世界観、モンスター、神々が登場します。

主人公・クレイトスを含め、前作までのキャラが何人か登場しますが、舞台とストーリーは完全に新規のため、本作から遊び始めても問題ありません。むしろ、本作から入った方が楽しめるんじゃないかと思います。

また、ゴッド・オブ・ウォーは前作まではハードなアクションゲームでしたが、本作からはオープンワールド的になり、レベルの概念もできました。そのためアクションが苦手な人でも、少しずつ進められるようになっています。

こちらも2018年発売で、非常に評判の高いゲームです。「デトロイト」と合わせてオススメタイトルです。

■ GRAVITY DAZE Value Selection

グラビティデイズの1作目と2作目もバリューセレクションに選ばれています。

グラビティデイズは、重力を操った箱庭アクションゲーム。側面が地面になり、天井が地面になるゲームです。

例えば家があるとすると、地面は歩けますよね。でもこのゲームは、壁も歩けてしまいます。

また重力をいつでも自由に操れるため、反転させれば空へと落下していきます。移動がめんどくさい場合は、重力を横にすれば、地面に沿って落下していきます。

おそらくこのゲーム性は、グラビティデイズでしか味わえません。それほど画期的なゲームです。

グラフィックやストーリーはアメコミ風ですので、海外アニメが好きな人にもオススメです。

■ 人喰いの大鷲トリコ Value Selection

大鷲のトリコと少年の、冒険型アクションゲーム。

プレイヤーは少年を操作し、巨大な動物のトリコを呼んだり、背中に乗ったり、掴まったりして先へと進んでいくタイプのゲームです。

例えば高いところに移動するときに、トリコをよじ登っていき、頭から高いところへジャンプする。そういった「どうやってあそこへ進むんだろう?」という遊び方ができる、謎解き風のアクションゲームです。

ですので、難しいアクションゲームではありません。「人喰いの」なんて付いてますが、トリコは従順で可愛らしく、きちんと後を付いてきますので、トリコの可愛らしさに惚れてしまった方には特にオススメです。

また人喰いの大鷲トリコは、「ICO」や「ワンダと巨像」を作ったクリエイターの最新作です。似た世界観とゲーム性ですので、そちらのゲームが好きな方にもオススメですよ。

■ 終わりに

以上、「【PS4】ValueSelection(バリューセレクション)でオススメゲームは?どれを買うといい?」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク