PS4で遊べる、西部劇・ウェスタン・カントリーやカウボーイを舞台・テーマにしたゲーム

PS4で西部劇やカウボーイをテーマにしたゲームってないの?

というわけで、今回はPS4で遊べる、西部劇・ウェスタン・カントリーやカウボーイを舞台・テーマにしたゲームを紹介したいと思います。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

■ レッド・デッド・リデンプションII

「レッドデッドリデンプション2」は、西部劇のゲームでまず最初にオススメしたい作品です。RDR2とも略される有名タイトルです。

シリーズ1作目はPS3で発売されました。あの有名な「GTA(グランド・セフト・オート)」を作った会社のゲームです。RDRはPS3時代でも知る人ぞ知る名作タイトルでした。

RDRの魅力は、リアルに描かれた西部劇の人々、だだっ広く何もない荒野、そしてそれらの空気感です。

馬を使って大地を駆け抜けたり、街を見つけてアウトローとしての生き様を見せつけても良い。大自然の中で狩りを興じても良いゲームになっています。

特にこのゲームは、日頃ゲームをしない方にオススメ。特に西部劇世代にはたまらない作品になっていると思います。
西部劇が好きな世代に、PS4本体ごと買ってもらう説得材料として使うのもいいかもしれませんね。

RDR2は2作目ですが、ストーリー的には前作との繋がりはなく、本作から遊んでも問題ないように作られています。

GTAを超える、史上最高のゲームと評されているゲームです。今までとは全く違うゲーム体験ができると思いますよ。

■ BEYOND:Two Souls(ビヨンド・トゥーソウルズ)

傑作として話題の「デトロイト・ビカム・ヒューマン」を作った会社のアドベンチャーゲームです。

「BEYOND:Two Souls」は一人の少女の半生を描いたアドベンチャー。人々と会話をし、状況を判断して選択肢を決断していく、「デトロイトビカムヒューマン」に似たゲーム性です。

このゲームの少女には幽霊が取り付いています。それによって力を得る一方、迫害を受け、様々な土地で生きていく物語なのですが、その土地の中にアメリカの片田舎が登場します。

広がる荒野の大地に牧場の雰囲気、馬に乗って駆け抜けたり、アドベンチャーゲームならではの謎解きも登場します。

時代は西部劇ではありませんが、アメリカのカントリーの雰囲気が好きな人には、心に響くものがあると思います。ぜひ手にとってもらいたい一作です。

なお、「BEYOND:Two Souls」のディスク版は海外版のみ。日本語版は、プレイステーションストアでダウンロード専売です。

■ スターデューバレー

「スターデューバレー」は、牧場を経営するゲーム。

畑を耕し、種や苗を植え作物を育てます。育てた作物を収穫したら、それを使って料理を作ったり、売ってお金に替えたりもできます。

主人公は都会生活に疲れ、祖父から受け継いだ農場を切り盛りしていきます。昔ながらのドット絵も相まって、非常に懐かしく、ゆったりと癒やされるゲームとなっています。

畑にカカシを立て、麦わら帽子をかぶって畑仕事に勤しむもよし。ニワトリや牛を育て、牧場主になるもよし。馬小屋を建てたり、馬に乗ったりすることもできます。

全体的な雰囲気はアメリカの片田舎です。農場の近くには町もあり、町の人々の交流やイベント、結婚もできてしまいます。

ゆったりとしたカントリーの雰囲気や、疲れた日常を癒やすゲームとしても、今最もオススメできるゲームです。

■ Desperados III

「Desperados」シリーズは、知る人ぞ知る名作ストラテジーゲームです。

シリーズ3作目となる本作では、西部劇が舞台。クォータービュー(斜め上視点)で遊びやすいのが特徴です。

このゲームはガンマンなどの5人のならず者を操作し、ミッションをこなしていくシミュレーションゲームになっています。

一見ハクスラのようにも見えますが、ゲーム内容は敵に見つからないように進んだり、どうやって倒すかを考えるシミュレーション。

動画を見てもらうとわかりやすいのですが、「Shadow Tactics」を作った会社が制作しています。Shadow Tacticsは大変な名作だったため、あちらが好きだった人には特にオススメですし、品質の高さは折り紙付きです。

「Desperados III」は2019年発売予定です。

■ スチームワールドディグ

「スチームワールドディグ」は、西部を舞台にした穴掘りゲームです。

つるはしを使って、ひたすらに地面を掘っていきます。地中には鉱石がありお宝があり、罠があり、仕掛けがあり。

手に入れたお宝を地上で売り、性能のよりつるはしやアイテムを買って、更に地面を掘っていくゲームになっています。

視点は横から。2Dタイプのゲームのため、全体像が見渡しやすく遊びやすいと思います。

若干のパズル要素がありますが、それほど難しくなく、装備品をアップグレードして、今まで行けなかった場所に進む「メトロイドヴァニア」系の要素が強くなっています。

サクサクと小気味良いアクションのため、採掘と合わせて気持ちよく遊べる隠れた名作です。

特に「マインクラフト」や「テラリア」で採掘を楽しんだ方にオススメ。同じようなプレイ感や満足感が得られると思いますよ。

なお、「スチームワールドディグ」はプレイステーションストアでダウンロード専売です。以下のリンク先から購入可能となっています。

PS Store:スチームワールドディグ

■ 終わりに

以上、「PS4で遊べる、西部劇・ウェスタン・カントリーやカウボーイを舞台・テーマにしたゲーム」でした。
楽しいゲームに出会うための参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク